婚活の適性年収

2017/8/13/ 12:00

From:吉本和広

あなたは、結婚生活で年収いくら欲しいですか?

婚活で年収は一体いくらあれば、いいのかという心配をされる方も多いです。

こういう質問をすると、

あればあるだけと答える方も多いです。

ですが、そうすると今度は結婚相手を探すのが難しくなってしまいます。

女性の場合は、当然相手の男性の競争率が高くなります。

逆に男性の場合は、自分の年収に自信が持てないという方も多いです。

そういう意味でも、一体いくらあればいいのか、というのは気になるテーマです。

必要な金額、というと、これもまた人によって必要な金額が違います。

そこで、1つの基準として、

自分が幸せを感じられる生活を一度見直してみるというのがお勧めです。

人は、意外と無駄なお金を使っています。

無駄って何かというと、

漠然と使っているお金や、

見栄のために使っているお金。

例えば、

車でも家でも本当にこれくらいあれば十分自分は満足、という範囲を超えて、

良い物を買っても苦しくなってしまいます。

そのわりに、満足度はそこまで変わりません。

つまり、

満足できる水準は何か?ということを突き詰める必要があるんです。

そうやって、1つずつ見直していくと、

意外とお金って使わなくても幸せなんです。

しかも、妥協でもなく楽しく気分よく過ごせます。

もう、数十年前みたいに年収が勝手に上がっていくという社会ではありません。

そうすると、選択肢としては、

稼ぐ努力をするか、

ある中で楽しく過ごすか、になります。

僕はその両方を試してみましたけど、結局稼いでも出費が増えるだけで、

それほど生活の質は上がりませんでした。

それよりも、自分が満足できる過不足ない生活水準にすると、

いっぱい稼いでちょっと良い暮らしをすることよりも楽しいことが分かりました。

なぜかというと、無理がなくなるんです。

いっぱい稼ぎ続けるのもけっこうしんどいですよね。

例えば、年収350万円くらいの方も多いです。

それでも共働きなら年収700万円。

けっこう裕福です。

年収金額よりも、どんな人と結婚するのかのほうが幸せには影響します。

もし仮にそういうお相手がいて迷っているとしたら、

一度具体的に結婚生活のシミュレーションをしてみるといいと思います。

僕もこうは言っておきながら、恥ずかしいんですが、結構無駄遣いしてしまいました。

でも最近は、そういう生き方はあんまり楽しくないなと思っています。

そこで、年収350万円でも幸せに暮らせるよ、と言っている手前、

僕も同じくらいの給料にして、

実際に愉快に暮らしてみるということをやってみようかなと思います。

人に言うからには、まず自分からですよね。

とは言っても、僕の家庭は共働きなので、それでも十分すぎるくらいでしょう。

まずは自分で検証してみることが大事ですので、みかん通信でもレポートしたいと思います。

楽しみにしていてください。

PS この記事が気に入ってくださいましたら、

人気ブログランキングへのクリックお願いします。
↓↓↓
https://blog.with2.net/link/?1926625