相手の印象に残る裏ワザ

2017/7/4/ 12:00

From:吉本和広

今日は、浜名湖の北、三ケ日に行ってきました。

みかん企画スタッフとの打ち合わせです。

婚活パーティーの司会をお願いしているんですけど、普段顔を合わすことがありません。

みかん企画のスタッフは全員在宅なので、婚活パーティーの司会も、

自宅と会場の往復のみ。

ですので、たまにこうやって顔を合わせながらのランチ。

三ケ日というと、みかんが名産品です。

いたるところに、みかんの看板がありました。

はじめて、三ケ日のインターを降りたんですけど、なぜかホームに帰ってきたような気分です。

JAの建物にもみかんのオブジェがデカデカと飾られていました。

みかん企画の事務所を三ケ日に移そうかと一瞬考えたくらいです(笑)

でもここに事務所を置いてしまうと、本当にみかんを作っている会社だと思われてしまうかもしれませんね^^;

みかん企画と三ケ日は直接関係はないんですけど、みかんつながりで親近感が湧いてきました。

三ケ日はきっとみかん企画を狙ってやっているわけではないと思いますが、

婚活ではこういうことを狙ってやることができます。

つまり、意図的に相手に親近感を持ってもらう、というテクニックです。

それは、

相手が大事にしているものや相手の趣味に合わせるということ。

例えば、相手が好きなアーティストがいるとします。

相手がいいよこれ、と言ったものを実際にCDを買って聞いてみる。

そうして、次会ったとき、

「あのCD買ったよ、あの○○という曲いいね!」

と言ったとしたら、相手はどう感じるでしょうか。

きっと、

この人と相性いいかも、と親近感が湧いてくるのではないでしょうか。

少し、わざとらしく見えるかもしれませんが、

意外と意図的にやっているというのは気づかれません。

というのも、実際そこまでする人がほとんどいないからです。

買う、というのがポイントですね。

今はYoutubeでもいろんな曲を聞くことができます。

ですけど、

本当に買ったというのが、相手にとっての証拠になるんです。

もし、買わずに口だけでごまかそうとしたら、それは相手に伝わってしまいます。

ですが、逆にそこまで思い入れがなくても買ったという行動が、相手には気持ちが伴っているという判断になるんですね。

僕は婚活ではありませんが、この方法よく使っています。

この人は仕事上、重要な人だなと思ったら、

その人の本を買います。

そして、すぐ読みます。

その人が本を出してない場合も、勧めてくれたことをすぐに実行します。

自分がそれほど興味がなくても、特にデメリットがない場合は、親近感を持ってもらうという目的のためだけに買います。

これ、かなり相手の印象に残るみたいですね。

本代くらいは安いものです。

よくよく考えたら、接待でご馳走するよりよっぽど安上がりですし(笑)

ぜひ、あなたも婚活で使ってみてください。

かなりの効果が期待できますよ。