結婚相手に聞いて良いこと、悪いこと

2017/7/2/ 12:00

From:吉本和広

先週、みかん通信で配信して欲しい内容について、アンケートをさせていただきました。

せっかくなので、生の声を聞きたいと思いまして、無料メール相談もさせていただきました。

ここ1週間、毎日メールの返信をずっとやっていました。

中には、何往復もメールのやりとりをさせていただいた方もいらっしゃいます。

これは他の方も疑問に思っているのかな、という内容もたくさんありました。

メルマガ読者の方が、どういうことで悩んでいるのかということが実際に感じることができました。

おおむね、僕が想定していた方向性と一致していたのでホッとしています。

ですけど、アンケートやメール相談をさせていただいて良かったなと思うことがあります。

それは、

ピンポイントの内容をメルマガに書けるということです。

別に、そこまで読者の方が知りたい情報とかけ離れていたわけではありません。

ですけど、

手探りで書くのと、実際に具体的なお話を聞いて書くのとでは、心への響き具合が違ってきます。

聞かずにかくと、ピンとがぼやけてしまうんですよね。

まあ、これやりすぎると心に響くを通り過ぎて、心に刺さるという状態になりますけど^^;

メルマガ読者の方で、僕のメルマガのマニアの方がたまにいらっしゃいますが、

この方は刺さるくらいじゃないと物足りないらしいですが(笑)

それは、さておき、

婚活でも、相手に話を直接聞く、というのは大事です。

婚活相談を受けていて、

こんなとき相手はどうなんですかね?みたいなことを質問されるんですが、

それ、相手に聞いた方が早いですよ、ということがあります。

微妙な男女のやり取りは、聞いてはいけません。

でも、

結婚後の不安や、仕事についてなど、これ言ったら相手どう思うかな~というような内容を一人で抱えていることがあります。

聞いてみると、意外と相手は何とも思っていなかったり、

もしくは解決することができたりします。

聞いたほうがいいことと、聞かないほうがいいことの見分け方をお話しますと、

聞いた方がいいことは、相手の要望などです。

結婚後、こういう生活がしたいとか、こういう家庭にしたいとか、方向性のすり合わせですね。

逆に聞かない方がいいことは、相手の気持ち。

これ、聞いても本音が出ないですし、相手も自分の気持ちを分かっていないことのほうが多いです。

婚活相談を受けていて思うのが、この聞いた方がいいことと、聞かない方がいいことが逆転しているということ。

相手の気持ちを知りたいと思うのは人情ですけど、どうせ聞くなら、

あなたも相手の要望を聞くようにしてみてください。

そのほうが、いい関係が続きますよ。