婚活で相手が見つかるとき

2017/6/14/ 12:00

From:吉本和広

今日、仕事で銀行に行ってきました。

僕はちょくちょく銀行に行っています。

わりとマメに顔を出して、今事業こんな感じで、なんて話をして帰ってきます。

何のためにそんなことをしているかというと、

必要になったときに話が通りやすいから。

ただそれだけのために銀行通いをしています。

相手の迷惑にならない程度に、話を短めで切り上げて帰ります。

とは言っても、なかなか気軽に銀行に遊びに行く、というのもやりずらいですよね(笑)

そんなときどうしているかというと、面白そうな話があったら、

「ちょっとご相談したいんですけど」

と案件を持って行ってみたり。

他にも、今月までの決算こんな感じです、よかったら資料置いていきますね、なんてこともしています。

すると、相手も人なのでだんだん話を通しやすくなってくるんですよね。

とは言っても、もちろん無理なものは無理です。

ですが、何かあったとき、気軽に相談には行きやすい。

税理士さんに話を聞くと、他の会社とかは用事があるときだけ銀行にいくらしいです。

つまり、資金が必要なときですね。

そうすると、1年後とか長い場合は3年後とかになってしまいます。

担当者もすぐ変わるので、「あんた誰?」みたいなことにもなりかねません^^;

ですので、僕は自分に用がないときに銀行に行っています。

つまり、資金を借りる必要性がない余裕があるときですね。

意外とそういうときのほうが面白い話が出来たりするんです。

婚活をするときって、もちろん自分が相手を探しているとき。

婚活パーティーは特に、相手探しにはてっとり早い方法です。

そうすると、今すぐ相手が欲しいというときに婚活パーティーに参加することになります。

当然と言えば当然です。

ただ、そうやって相手をめっちゃ探しているときよりも、むしろ余裕があるときのほうが相手が見つかったりするのが不思議です。

先日、みかん企画でバーベキューをしたとき婚活パーティーで出会って結婚されたご夫婦が参加されました。

話を聞くと、お互いに何が何でも相手を見つけるぞ!というテンションではなかったそうです。

二人とも、ゆるく、参加してみようかな程度のとき、なぜか相手が見つかった。

こういうことってよくあります。

もしあなたが今、少し余裕があって、気軽に婚活パーティーに行けるようなテンションだとしたら、

今がチャンスかもしれません。

逆に、今すぐ相手が欲しい!というテンションの場合は、少し肩の力を抜いてみてください。

きっと良い出会いがあなたを待ってますよ。