結婚後のお金のルール作り

2017/5/26/ 12:00

From:吉本和広

先日、少人数のセミナーでお話をしていたときのことです。

結婚について、こうしないといけないと思い込んでいること、について話題になりました。
例えば、結婚後のお金の管理。

旦那さんが給料を渡して、奥さんが管理するというのが多いと思います。

ですけど、そうしなくてはいけないというルールはありません。

どちらかというと、管理するのが向いているほうが管理すればいいと思います。

一般的には、男性は稼いでくることには興味がありますが、

お金の管理に関心がない人も多いです。

女性は逆に、やりくりとか貯金とか好きな人が多い。
だから、結婚したら奥さんが管理するほうが多くなってるんでしょう。

ところが、

周りがそうだからといって、自分もそうしないといけないということはありません。
僕たちは、子供の頃から色んな常識やらルールを教わってきました。

ですが、それが本当に正しいかどうかも分かりませんし、

まして、自分に役に立つかというと、状況によりけりです。

しかも、これは思い込んでしまうと、なかなか自分では気づき難いんですよね。
特に、自分にとって影響力が大きい人がやっていることや、その人が言ったことを思い込んでしまう場合もあります。

その場合は、もしかしたらその人だけそうしているのかもしれないんですが。。
というわけで、マザーテレサ風に格言を作ってみました(笑)
「その人がそうだからといって、みんながそうだとは限らない。

みんながそうだからといって、それが正しいとは限らない。

それが正しいからといって、自分に役に立つとは限らない。」

つまり、自分の目で見て、自分で試してみて、自分で判断してください、ということです。
そうやって、自分にとっての役に立つことが増えてくれば、

それがあなたの人生のマニュアルになります。
この積み上げが、豊かな人生の基盤になります。

もちろん、人が言っていることや正しいとされることの中に役に立つことはたくさんあります。

ですが、

その1つ1つは、まず自分で試してみないと自分の役に立つかどうかは分かりません。
結婚生活は、自分と相手との上手くいく方法の積み重ねになります。

これがルーチンワーク、つまり何も考えなくても繰り返すことができる単純作業にまでなっていると、

ただ日常生活を送っているだけで、自然に豊かな生活が流れていきます。
ぜひあなたも、自分に役に立つ結婚生活のルールづくりしてみてください。

それは、独身のときにもできますし、むしろ独身のときに確立できているほうが、結婚相手が現れたとき、

お互いのルールづくりを作りやすいと思います。

ピンときた方は、今から始めてみてはいかがでしょうか?