婚活を楽しむ

2017/5/21/ 12:00

From:吉本和広

今日、朝に手の爪を切っていると、無性にギターを弾きたくなってきました。

ギターって爪が伸びていると、弦を押さえられないのでめっちゃ弾きづらいんです。

左手で弦を押さえるので、特に左手の爪が伸びているとストレスが溜まります。

ですので、爪を切ると弾きやすくてそれだけで気分がいい。

そうすると、だんだん爪を切るだけで気分が良くなってきます。

爪切り=ギターを弾くのが楽しい、という関連付けが出来上がっています。

最近は、爪切りのサイクルも短くなってきて3、4日に1回切っています。

面白いのは、別に僕は爪切りが趣味でもなんでもなく(笑)

趣味はあくまでもギター。

なのに、爪切りをすると楽しくなってしまいます。

ギターを弾きやすいように、少し深爪気味なんですけど、その状態の爪を眺めているだけでもいい感じ。

これはもう僕の中で爪切りが完全に習慣化したことになります。

人は何かを始めるとき、習慣化できずに苦労します。

いわゆる三日坊主というやつですね。

そんなとき、多くの人は意志の力で頑張ろうとします。

ですが、その苦労はほとんど実りません。

なぜかというと、楽しくないから。

もしあなたが、何か習慣化したいことがあるとしたら、

ぜひ自分の楽しみと結び付けてみてください。

僕の爪切りは、身だしなみとしては結構大事です。

お客さんからすると、こういう細かい部分ってわりと気になるんですよね。

以前、僕はもうちょっと爪切りのサイクルが長かったです。

そうすると、少し伸び気味の爪で人に会うこともありました。

今は3、4日に1回くらい爪を切っているので、いつ人に会っても爪が伸びているということはないでしょう。

でもこれ、爪切りをマメにしよう、と習慣化を目指したわけではないんですよね。

あなたも婚活で身だしなみは大事、ということは重々承知だと思います。

でも、どうしても常にバッチリな状態を保っているかというと、そうではない場合もあるのではないでしょうか。

もちろん婚活パーティーやデートのときなどは、きっちりしていることでしょう。

ですが、普段からそうしているかというと自信のない方も多いかと思います。

そういうときにおススメなのが、この関連付けです。

あなたが習慣化したいことと、あなたの楽しいことを結びつけて見てください。

服をマメにアイロンやクリーニングに出さなくてはいけない、という場合など。

そうすれば、いつデートの約束が入ってもピシッとした服装で出掛けられます。

例えば、クリーニング店の横にあるコンビニでおいしいスイーツを買って帰るとかを繰り返す、なんて関連付けも考えられます。

クリーニング=おいしいスイーツ。

だんだんクリーニング屋さんに行くのが楽しくなってくるような工夫ですね。

こんな感じで、あなたも婚活を楽しんでみてはいかがでしょうか。