奥さんが出て行った

2017/4/29/ 12:00

From:吉本和広

今日の13時くらい、奥さんが出て行きました。

もしかしたら、今日は帰って来ない、そう言い残し。。

仕事に行きました。

静岡市の女性経営者の会に参加するんですけど、さすがに僕が代わりに出るということができなくて、

今日は、僕が留守番です。

ドキドキしています。

というのも、今日は子ども3人のご飯を作ってお風呂に入れて、寝かせつけないといけません。

普段、料理や子どもの世話を一人ですることがないので、超不安です。

結婚する前は僕も一人暮らしをしていたので、料理もしていました。

ところが、ここ数年はまともに料理をしていません。

こんなときはカレーに限ります。

誰が作ってもおいしく出来上がるという、魔法の料理です。

野菜を切って煮込んだ後、ルーを入れる。

今、僕の時計では14:13になっています。

これから下ごしらえをして、子どもを保育園に迎えに行ったあと、

帰ってきてからすぐに食べられるように準備をしておきます。

部屋も片付けたので、あとは子どもたちを迎え撃つだけです(笑)

婚活で初めて会う人とデートするときも、きっとこんな心境なのでしょうね。

とにかく、思いつく限りの準備はやって、あとはデートの当日を迎えるだけ、というあのドキドキ感です。

そんなとき、あなたはどんな対応をするでしょうか。

僕の場合は、準備はいろいろやっておくんですけど、本番にはそれを忘れることのほうが多いです。

今までの経験上、これが一番結果が良かったですね。

何も子育てやデートに限った話ではなくて、

仕事のプレゼンでもそうですし、楽器の演奏会なんかもそうです。

結局、準備した以上のことはできないので、本番ではその準備したことの100%出せるように目指す、ということです。

デートに限らず、何事も上手くいかない場合というのは、この逆をやってしまっています。

つまり、

準備の段階では何とかなるだろう、と深刻には考えず、

本番で何とかしようとしてしまう場合。

本番は想定していなかったことも起こりますし、本番で実力以上のものは出ません。

それにもかかわらず、本番で頑張ってしまうんですよね。

本番は頑張ってはいけないんです。

同じ頑張るなら、その前に頑張るのが効果があります。

今日の例えで、婚活のデートの話をしましたけど、デートでもどれだけ準備して、

シュミレーションできるのかが当日のあなたの印象に影響します。

デート当日に頑張ってしまっては、空回りしてしまうことも多いですよね。

というわけで、あなたも婚活でデートをするときは、

準備を頑張ってください。

そして、デートの当日は、思いっきり楽しんでください。

それが一番印象が良くなりますよ。