高い服を揃える秘訣

2017/4/27/ 12:00

From:吉本和広

僕は今日、ちょっとだけ放心していました(笑)

何があったのかというと、家の片づけ。

メルマガでもちょくちょく断捨離のネタを書いていますけど、

終わらない^^;

やりだすとキリがないんです。

僕は物は少ないほうだと思いますが、ミニマリストを目指しているわけではありません。

必要なものは持っています。

それどころか、物が少なくて困ることはないんです。

困らないように物を減らしています。

例えば、インナーにしても、

冬だとユニクロのヒートテック、黒3枚、白1枚。

普段洗濯をしながら回すとしたら3枚で足ります。

ところが、洗濯物が乾かなかったり、旅行に行くときに洗濯済みのものだけ持ちだすと、もう1枚必要になります。

ですので4枚あれば、とりあえず困ることはありません。

でも、普段は3枚で十分。

これを4枚にすると、今度は洗濯のローテーションで着ないものが1枚出てしまいます。

そうすると、買い換えのタイミングがずれるんです。

そこで、白1枚を4枚目にします。

白は、冠婚葬祭のスーツの下着に必要です。

でも普段は着ません。

これを緊急避難用にしています。

旅行に行くときも、前の日に白を着て、旅行には黒を着て残りの黒2枚持って行きます。

そうすると、旅行先でも黒3枚で回せます。

それと、3泊以上する旅行だとそもそも洗濯をしないと荷物が多くなってしまいます。

ですので、旅行先でも3枚で回せるので困ることはありません。

これを自分の生活をイメージしながら全ての服で1つ1つやっていきます。

結果、ずいぶん服が少なくなりました。

他にも、ズボンは2枚、靴はサンダルを入れて3足、などなど。

こんなことを言うと、オシャレと断捨離のどちらを取るのか?みたいな話になってきます。

答えは、

どちらも取る、です。

オシャレと断捨離は両立するんです。

服を少なくする心配で一番大きいのが、毎日同じ服を着ていると思われること、ではないでしょうか。

ですけど、オシャレをするのは毎日違う服を着ているということではなくて、

印象を良くすることですよね。

あなたも想像していただきたいのですが、毎日安物の違う服を着ている人と、

毎回同じような格好をしているけど、質の良い服を着ている人。

どちらが印象が良いでしょうか?

おそらく、質の良い服と答える人が多いのではないでしょうか。

つまり、服の数を減らすことで、1つ1つの服の質を上げることができます。

今まで3000~4000円の服を一杯持っているのでしたら、1万円の服を買っても、

持っている服全体で計算すると、安く済みます。

ということは、

オシャレと断捨離は両立する、ということです。

婚活やデートで着る服も、服の数を減らすと3ランクくらいレベルアップできます。

もしあなたも、この話にピンときたとしたら、ぜひゴールデンウィークを使って断捨離してみてください。