デートプランの調整

2017/4/22/ 12:00

From:吉本和広

今日、午後1時からスカイプのビデオチャットで打ち合わせでした。

思っていたより、話が盛り上がりまして延々2時間話してしまいました。

誰と打ち合わせをしていたかというと、ウェブデザイナーさん。

と言っても、かなり周辺の知識が多くて集客やらプログラムやら全てのシステムを1人で作ってくれます。

今までそういう方に巡り合ったことがなかったので衝撃でした。

この人だったら、これまでお蔵入りしていたアイデアも実現できそう、そんな夢が広がって、

2時間も話し込んでしまいました。

僕がこうしたい、こういうサービスがあればもっとお客さんにメリットがある、といったことや、

婚活の業界的に何でこんなことになっているんだろう、というサービスについても解決できるかもしれない、

そんな期待がどんどん膨らんできました。

というのも、これまで僕の頭の中にあることを実際に再現するために、

僕が間に入って、ウェブデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、プログラマーさんの仕事を管理していました。

もちろん文章は僕が作成するんですけど、細かい調整も自分でやって、

ということをしてたんです。

なぜここまでするのかというと、ホームページ会社に丸投げで作ってもらっても、

いいホームページができないんです。

だから、仕方なく自分が管理していました。

ところが、今回打ち合わせした方は、僕がこうしたいというと、

こんなんどうですか?みたいな提案をしてくれますし、

細かい調整はもちろん僕はやらなくてよい。

「これって業界標準ですか?」と聞くと、

違うと言われました。

やっぱりそうですよね、そんな人に出会ったことありませんでしたから。

つまり、僕の要望を実現するために僕がすることは、「こうしたい」という要望を出すことだけ。

これがあなたの婚活に何の関係があるのかというと、

デートプランによく似ています。

デートも、相手の希望を聞いたりしますよね。

そして、希望を聞いた側が、「それだったら任せてよ」と言って、その希望に沿ったデートプランになるなら、

それは相手にとってとても楽です。

ですが、もしランチここ行って、そうすると近くにこういうところがあるから、そこでもゆっくりできる、

みたいな細かい指示まで出さないといけないとしたら、

それは大変です。

もしあなたが、婚活で誰かをデートに誘うことがあったら、相手が細かい希望を出さなくても希望に叶う、

そんなデートプランを立ててみてください。

きっと喜ばれますよ。