婚活セミナーで不評でした

2017/3/21/ 12:00

From:吉本和広

「うさんくさい」

昨日、グランシップ静岡で婚活セミナーを開催しました。

17名の方がご参加くださいました。

ところが、、

ものすごく不評^^;

何が不評かというと、僕のスーツ(笑)

婚活セミナーをするときや婚活のカウンセリングは、これまで僕は婚活で着るような服装をしていたんです。

ですけど、さすがにちょっと真面目な格好をしたほうが良いかなと思い、

スーツにしてみました。

それも講師っぽいネイビーのスーツです。

そしたら、

参加者の方にえらく不評でした。

理由は、とっつきにくいということ。

お話を聞いていると、納得できました。

セミナーの内容からするとちょっと堅苦しい。

確かに。

僕も納得してしまいましたので、もう今後はスーツで婚活セミナーをすることはないと思います。。

さすがに、ダメだしだけだと悪いと思ったのか、やさしくフォローもしてくれました。

スーツは似合ってると。

ただ、婚活セミナーには合わない。

仕方がないので、せっかくセミナー用に買ったスーツですが、

別のセミナーに使いまわしたいと思います。

着ないのももったいないのですし。

今後は、ママ起業向けの勉強会などをやっていこうと考えていましたので、

それだったら、着れそうです。

僕がそう言うと、参加者の方も、

「ママ起業セミナーだったら、スーツのほうがいいと思います。」

と言ってくださいました。

買ったばっかりのスーツが断捨離の対象にならずに済んでホッとしました。

今回のポイントは、似合う似合わないという話ではなくて、その場に合っていなかった、ということ。

婚活パーティーのファッションでも、同じような事があります。

オシャレかどうか、似合っているかどうかということと、

○が付くかどうかというのは微妙にズレているんです。

その人に似合っていてオシャレであっても○が増えない場合もありますし、

そこそこ無難な服装なのに、ぴったりイメージに合っていて○が付くということもあります。

この違い、

服装で自分のイメージが決まってしまうということ。

極端な例えでいうなら、

ものすごくワイルドで、ちょい悪オヤジ風のファッションや、

とにかくピチピチのギャル風でキメキメで婚活パーティーに現れたとしたら、

きっと○は付かない。

たとえそれが、めっちゃ本人に似合っていたとしても。

理由はあなたもおわかりだと思いますが、

結婚相手としてのイメージと合わないからです。

ですので、あなたも婚活パーティーでは、結婚相手としてイメージの良い服装にしてみてください。