婚活するタイミング

2017/3/5/ 12:00

From:吉本和広

今日は、高速道路の牧の原サービスエリアでこの記事を書いています。

静岡市でセミナーを受講してきて、その帰りです。

セミナー講師側ではなく、受講生側ですね。

セミナーの中で、心理学のワークをするんですけど、いつも思うことがあります。

それは、

今現在上手くいっている人はあまり来ない。

経営セミナーもそうでした。

経営が上手くいっている経営者はあまり見かけないんですよね。

でも本当は、わりと上手くいっている人が、もうちょっとココをこうしたいとか、次のアイデアが欲しいとか、

そんなセミナーの受け方をするともっといいんですよね。

もちろん、上手くいっていないからセミナーを受けるというのはあると思います。

実際、それも確かに必要なことかもしれません。

じゃあ、心理学系のセミナーはどうかというと、

今何かしら心の問題を抱えている人が来ることが多い。

面白いのが、心理学に興味を持ったり、カウンセラーを目指したりする人は、自分がそれを必要としている場合が多いんです。

では、そういう人がカウンセラーになって相談者の役に立つのか?というとなかなか難しい。

まずは自分の問題を解決しないと、人の相談には乗れないからです。

ところが、残念なことに心理的にそれほど問題はなく、カウンセラーやれるんじゃない?という人は、

そもそも心理学に興味を持たない。

というわけで、一番現実的なのは、過去いろいろ抱えていたけど、今はそれなりに解決している人がカウンセラーに向いている、ということになります。

ですが、こういう人はあんまりお見かけしないです。

話がそれそうなので、婚活の話題に方向転換すると、

セミナーに来るときと同じような心理で、幸せなときに結婚しない人がいます。

どういうことかというと、

今、年齢もそこそこになって、このまま独り身も寂しいし、老後も心配。

相手が必要だから、婚活しよう、というわけです。

これを文章で見ると、確かに理屈もっともなんですが、必要なときに結婚しようとするとなかなか難しい。

本当は、今困ってないけど、将来きっと困ることがありそうだという時期に結婚するのがおすすめです。

言うのは簡単なんですが、実際今、独身が楽しくて、年齢的にも焦るような時期でなければ、婚活しないんですよね〜。

もしあなたが、今はまだ婚活それほど焦る時期でもないかな〜と感じているとしたら、

それは今が動く時です。

必要だと自分が感じたときは、ちょっと遅いです。

僕が婚活業者だから、煽っているように聞こえるかもしれませんが、それを差し引いたとしても現実的な話、これが真実です。

あなたが、今余裕を感じているとしたら、かなり有利に婚活を進められるでしょう。

逆に、もうすでに焦っているとしたら、婚活を最優先にすすめたほうがいいかと思います。

こればっかりは、主観的な感覚なので、一概に何歳がどうとかいう話ではありません。

答えはあなた自信が一番分かっているでしょう。

PS あなたがそこそこ婚活パーティーでマッチングするけど、その先が今ひとつ進まない、という場合。

これを試してみてください。

早割の締め切りは本日までです。
↓↓↓
http://mecanclub.jp/letter/15848.html