同性はライバル?

2017/3/4/ 12:00

From:吉本和広

「婚活イベントでの出会いを確実にデートにつなげる方法」

僕が婚活事業を始めたころに一緒にイベントを企画したりしていた平池俊介さんが本を出版されました。

これがそのタイトルです。

平池さんは、5、6年前、街コンが流行っていたとき、浜松で遠州コンという街コンを開催した仕事仲間です。

浜松で、みがくらぶいう婚活イベントを開催されていました。

平池さんは、今は違うお仕事をされているんですけど、そのときの経験を本にされています。

2年ほど前にも僕の婚活セミナーを受けてくださったことがあります。

そのとき、僕が話した内容も本に使っていただいているということで光栄ですね。

67ページにその話が出てきます。

2ヶ所使ったと仰っていたので、僕の婚活セミナーを受けたことがある方は、ぜひもう1ヶ所探してみてください(笑)

同業の方に、使ってもらえるというのは本当にありがたいですよね。

この本自体、分かりやすかったので良かったらあなたも読んでみてください。

僕たちは同じような立場だと、ついライバルとして意識してしまうことがあります。

ですけど、そこはあえて飛び込んでいく方が自分のためになることが多いです。

僕は何か新しいことを始めた時は、同業者のところに飛び込んでいくようにしています(笑)

婚活でも同じで、僕たちは同性をライバルとして意識してしまいます。

ところが、これも同性を味方にするほうが自分のためになる。

平池さんも本の中で、同性と仲良くする、同性を褒めるということを言っています。

確かに、グループトークやフリータイムで、同性をライバル視して競い合っているよりも、

そのライバルたちとも上手くやっているほうが魅力的です。

なぜかというと、余裕があるように見えるんですよね。

つまり、出会いに困ってなさそうに見える。

人は手に入らないものが欲しくなるという習性がありますので、その演出にも効果的です。

もう一つ同性と仲良くなるメリットとしては、自分がリラックスできる、というのがあります。

初めての場面で、緊張しているとき、まずは1人知り合いを作るというのがテクニックです。

そうすると、そのあとリラックスして婚活パーティーに集中できるんですよね。

というわけで、あなたもライバルとの出会いも楽しめる、そんな余裕演出してみてはいかがでしょうか。

PS 「婚活イベントでの出会いを確実にデートにつなげる方法」で紹介されていたもう1ヶ所は、

セミナーでよくやっているワークです。

タイミング良く?3/19(日)「相手の気持ちを動かすコミュニケーション術」でこのワークをやります。

3/5(日)まで早割あり。

詳しくはこちらをクリック!
↓↓↓
http://mecanclub.jp/letter/15848.html