離婚したらどうするの?

2017/2/23/ 12:00

From:吉本和広

「離婚したらパパと一緒にいく」

長男のハルウミ(小1)が言いました。

今のところ、離婚の予定はないんですけど、なぜか子どもはこの手の話が好きです。

で、一応理由を聞いてみました。

「だって、パパとだったらポケモンできるし。」

ポケモン基準かい!(笑)

僕のスマホにはポケモンGOが入っていて、僕の帰りをハルウミは毎日楽しみにしています。

もちろんポケモン目当てです。

この話には続きがありまして、奥さんのスマホには「ねこあつめ」というゲームが入っています。

ゲームと言っても、昔流行った育てゲーの一種で、

庭にエサを置いておくと、いろんなネコがやってくる、というゲームです。

やってきたネコをただ眺めたり、写真を取ったりするわけですね。

このねこあつめに比べると、ポケモンのほうが少しだけ眺める以外のことができます。

でも、基本的にポケモンGOも集めたポケモンを眺めるのが主な楽しみ方というところは変わりません。

育てたりバトルしたりできるんですよね。

というわけで、離婚したらパパとママどちらを選ぶのか?というのは、

子どもにとっては「ポケモンGO」と「ねこあつめ」の差くらいなんですよね。

どちらかというと、ポケモンGOができるパパだけど、積極的にパパを選んでいるわけでもない^^;

こんな、どちらかというと、、みたいなことってよくありますよね。

婚活をしていてもあります。

例えば、連絡先交換する、デートの約束をする、なんてときも同じようなものです。

何が同じかと言えば、

積極的に100%のYesでもなければ、絶対いやだという100%のNoでもないということです。

もちろん、中には100%ということもあるかもしれませんが、10回何かに誘われて、

10回とも100%ということはないでしょう。

ランチのお店を決めるにしても、ディナーのあとの夜景を見に行くとしても、

時間が許せば、どうしようかな~というのが正直なところですよね。

実際はこんな感じなので、気軽に誘えばいいんですけど、なかなか誘う勇気が持てないときもあります。

それはなぜかというと、断られるのが怖いという感情がじゃましています。

誘い文句の上手い下手ではありません。

一番の原因は、100%のYesをもらおうとしているからです。

そうしないと不安なんですね。

ですが、100%のYesをもらうことは、ほとんどのケースでは難しいでしょう。

だって、相手にしてみたらどっちでもいいんですから。

じゃあ、どうすればいいのかというと、51%Yesならいいわけです。

100%だろうが、80%だろうが、51%だろうがOKはOKです。

それでデートのOKがもらえればデートはできますからね。

これを100%のYesになるまで温めていると、結局誘えなくなってしまいます。

あなたもぜひ、51%のYesでいいんだ、ということを覚えておいてください。

きっと誘うときに勇気が湧いてきますよ。

PS 婚活の情報誌「月刊みかん」を婚活パーティーにご参加いただいた方にプレゼント!

今週末の婚活パーティーからお渡ししています。

本日、月刊みかん創刊記念セール締め切り。

詳しくはこちらからHPをチェック!