婚活アドバイスを活かす方法

2017/1/29/ 11:00

From:吉本和広

最近僕は、婚活セミナーに参加された方とお話する機会が増えました。

以前婚活パーティーの運営をやっていたときは、今よりも参加者の方と会う機会は多かったです。

ところが、婚活パーティーだと受付と最後の集計結果をお渡しするだけで、

実際そんなに交流できないんですよね。

今は、婚活セミナーに来られる方とセミナーの休憩時間や懇親会、それから、

セミナー会員さん限定の交流会などでお話できます。

もちろん、婚活パーティーに参加されている中の1部の方しか婚活セミナーには参加されません。

ですので、お会いする人数はずいぶん少なくなりました。

ところが、お話する内容は以前よりもずっと中身のあるものになりました。

婚活セミナーでも懇親会を重要視しています。

そこで、本当の悩みごとが分かるからです。

そうやって、実際の参加者の方の声を聞くようにしています。

そうすると、結果が出る人と出ない人というのが出てきます。

それは、セミナーの内容を自分で試しているかどうか、ということが大きなポイントなんですけど、

その前に、セミナーの聞き方に違いがあります。

これは、婚活に限らず、ゼミナーに限らず、本を読むにしても人にアドバイスをもらうにしても使える方法です。

それは、

どれを試そうかと考えながら聞く、ということです。

あなたは、当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これとても大切です。

結果の出ない人は、内容を覚えようとして聞いています。

結果の出る人は、どうやって自分で使えるかを考えて聞いています。

本を読むときも同じです。

結局知識は、使ってはじめて役に立つので、覚えているだけでは意味がありません。

このメルマガもそうですね。

自分のことのようにイメージしながら、自分だったらどうやって使えるかな、と考えながら読むといいと思います。

ちなみに、僕も心理学の本をたくさん読みます。

もちろん、他のジャンルも読みます。

そのとき、どうやって読んでいるかというと、どうやってこれを自分のカウンセリングで使おうかと考えながら読んでいます。

経営セミナーに行くときも似たようなもんですね。

セミナーを聞きながら、やることをメモしています。

セミナーの内容はきっちりメモは取っていません。

ですけど、この方法が一番役に立ちますし、逆に覚えやすかったりもします。

あなたも、婚活で誰かに相談したりアドバイスをもらったりする機会がありましたら、

どうやって使うかを考えながら聞いてみてください。

きっと、そのアドバイスが結果につながるでしょう。