かわいい名前

2017/1/26/ 11:00

From:吉本和広

「かわいい名前ですね。」

最近、僕はこんなことをよく言われるようになりました。

とは言っても、僕の名前のことではありません。

今年からみかん企画を法人化して、みかん株式会社にしました。

銀行口座を作ったり、金融機関と取引したり、商工会に入ったり。

そうすると、いろんなところで書類を書いたり、質問されたりするんですけど、

最後に担当者の方が聞いてくるんです。

「かわいい名前ですね。何でみかんなんですか?」

そこで、カッコいいことを言うのもアレなので、アップルのパクリです、と言うんですけど^^;

意外だったのが、この名前覚えやすみたいですね。

会社の証明書類は法務局で発行するんですけど、法務局の受付の方にも「かわいい名前ですね」と覚えられたり。

それから、銀行でもまだ口座作っただけなのに、「みかんさんですか?」と聞かれたり。

何か得した気分です。

いや、チヤホヤされて得したという意味ではないんです。

覚えやすくて親しみが持てる、という印象なのがお得だなと。

商売上ですよ、もちろん。

僕も名前を付けるときそこまで想定していなかったので、ほんとラッキーですね。

婚活事業をやっていて、名前がかわいいと怪しさも薄れますしね(笑)

「みかんさん」と呼ばれるのはいいですね、そういう親しみのあるブランドイメージになると嬉しいです。

ちなみに、みかん企画のホームページのURLもmecan3.jpで「みかんさん」と読みます。

あ、最初から狙ってましたね、今考えると(笑)

さて、最初から狙うと言えば、婚活でも同じです。

実は、多くの草食系男子?が失敗する理由がこれなんです。

何ていうか、全然狙ってないんですよね。

仲良くなってからお付き合いみたいな感じで、仲良くなることを目的にしている。

そうすると、せっかくご縁がつながりそうなところでもお友達な感じで終わってしまう。

もちろん、狙ったからといって上手くいくとは限りません。

ですが、狙ってないと2人で会っていても、そのデートがこの先どうなっていくのか分からない。

そうすると、女性からしても全然進展しそうに思えないんですよね。

なんか先につながりそうにもないので、もう会うのやめよう、となるわけです。

逆に狙っていると、結果はどうであれ態度や言動に現れます。

そもそも雰囲気が違います。

もしかしたら、発展しそうかなと感じるわけです。

ですので、もし婚活でご縁があったら、せっかくなのでその先を常に狙ってみてください。

それだけで、相手が感じる雰囲気は違ってきますよ。