婚活パーティーで印象に残る方法

2017/1/19/ 11:00

From:吉本和広

「完全体ってセルじゃないですか?」

先週くらいに書いたメルマガで、ドラゴンボールの話を書いたんですけど、

僕はてっきりフリーザかと思っていたら、セルのだったようです。

知らない人には何のこっちゃかもしれませんが、ドラゴンボースの敵キャラで進化するのがあるんです。

それでセルが最終的に強くなったのが完全体だそうです。

失礼。

何で完全体という言葉が出てきたかというと、これも先週のおさらいになるんですが、

奥さんが子どもたちに使っているんです。

お風呂に入って、歯を磨いてあとは寝るだけの状態を完全体と言っていました。

あとは、出かける前にも準備ができたら完全体と言います。

子どもたちもそれが一般の言葉かのように使いこなしています(笑)

同居している奥さんのお母さんもこの前、完全体って言っていました。

もうそこまでくると、僕の家では完全体で全て通じるようになってしまうので、使うと意外と便利だったりします。

そうすると、もう僕もその流れに逆らえません。

最近は、長男のハルウミ(小1)がはまっているポケモンGOは、完全体になってからしか触ってはいけない、という約束になっています。

流れに逆らえないと言えば、婚活パーティーでもなかなか逆らえないことがあります。

それは、周りと同じ行動を取ってしまう、というときですね。

婚活パーティーが始まる前、意外と話す人は少ないです。

ですけど、せっかく早くに来ているのであれば、始まるまでに挨拶くらいして、

できることなら、簡単な会話くらいしてもいいんです。

でも、まだ話してはいけないのかな、なんていう雰囲気に流されてしまいます。

もちろんそれでもいいんですが、

婚活パーティーの場合、他の人と同じようにしていては相手の記憶に残りにくいんです。

ですので、目立たなくてはいけない。

変な意味で目立つということではありませんが、他の人がやらないことをちょっとやってみるというのは良い作戦です。

例えば、1対1の自己紹介で移動があると思いますが、ほとんどの人は始めてください、と言われるまで黙っている。

ですけど、席を移動した時点で挨拶くらいしてもいいと思います。

あとは、婚活パーティー中に直接メッセージカードを渡すとか。

目立ちますよね。

人はどうしても許可が欲しいんですけど、別に場を乱すような行動でなければ、周りの人と合わせる必要はありません。

ちょっと勇気は要りますけど^^;

もしよかったら試してみてください。

これまでより印象に残りやすくなりますよ。