みかん企画で結婚したあと

2016/12/20/ 11:00

From:吉本和広

今日は、結婚した後のお話をしようかと思います。

結婚すると、女性はママ友と言いながら集まります。

保育園でも同じクラスに通う子どものママ同士は懇親会など自主的に開いています。

ところが、パパ友というのはほとんど見かけません。

インターネットで調べてみたら、東京にそういう集まりを推進している団体は見かけました。

子育てを考える、みたいなちょっとかたいことも書いてました。

男性はそういうつながりは特に求めてはいなんでしょうか。

僕もそう思っていました。

先月、長男のハルウミ(小1)が保育園で同じクラスだったママ同士の集まりがありまして、

そのとき、一部ですけどパパも同伴しいるんです。

2、3割くらいでしょうか。

僕も一緒に参加しました。

せっかくなので、数少ないパパ同士集まって、飲んだんですけど、

話を聞いていくと、

「結婚したら飲みに行く機会が減った」

「ママ同士の集まりがあるとき、一緒に来た方が楽」

という声が多かったです。

1つ目は良く理解できますが、2つ目はどういうことかといいますと、

ママ同士(限定ではない)集まりに、パパが参加する理由として、

・飲むのが好き(飲めればどんな集まりでも良い)

・社交の場に出かけるのは苦ではない(好きかどうかはわかりませんが、嫌いではないという感じ)

・留守番をすると、結局子どもの世話をすることになるので、一緒に参加したほうが楽

この最後の理由が面白かったです。

なぜなら、僕も同じ理由で奥さんがママ友と遊ぶ時ついていきます。

これも僕も同じ意見だったんですけど、パパ友が言うには、

一緒に参加すると、子ども同士遊ぶので楽で、しかも飲める(笑)

だから、イベントには参加する、というそんな動機です。

これはかなり共感できますね!

そんなニーズがある、ということで僕はこんな提案をしてみました。

「パパ友の会」

そのまんまやん!っと突っ込まれそうですが、少しアレンジしています。

どこをアレンジしているかというと、ただの飲み会ではありません。

家族をもてなすイベントの企画会議という大義名分の飲み会なのです。

その名も「ぱぱぁ~ず」

あ、これは、「さまぁ~ず」からインスピレーションを得て付けた名前です(笑)

やっぱり結婚しても、男性も息抜きは必要です。

ですけど、なかなか飲みに出かけるのも出かけずらくなってきます。

そこで、

「ぱぱぁ~ず」行ってくる、と言えば、企画会議ですから出かけやすい!

半年に1回くらい、バーベキューとクリスマス会とかでいいと思うんですが、これを企画する。

イベント当日は、奥さんはもてなされるだけで、何もしなくていい。

そういう、家事から解放される日を作る、という名目で企画会議をするわけです。

これ、win-winじゃないでしょうか。

あまりにも面白かったので、みかん企画でもこれやってみようかと思いました。

その名も「ぱぱぁ~ず みかん」

そのまんま。

ですけど、コミュニティー別にしたほうがいいと思います。

男性はシャイですからね^^;

ちなみに、ハルウミのクラスは、「ぱぱぁ~ず うめぐみ」です。

みかん企画では、結婚してもフォローできるものがなんかあればと思っていたんですけど、

こういうゆるい活動なら、結婚しても無理なく続けられそうです。

というわけで、来年から「ぱぱぁ~ず みかん」試しにやっていきたいと思います。

みかん企画で結婚されて、まだメルマガを読まれている方で、興味のある方はぜひご参加ください。

まあ、ただの飲み会ですけど^^;