自分の印象をコントロールする

2016/12/9/ 11:00

From:吉本和広

今日、仕事で使っているNボックスの6ヶ月点検がありました。

ホンダのディーラーに朝から行きました。

パソコンを持ち込んで、点検が終わるのを待っている間は仕事をしていました。

ちょうど終わったのが11時くらいで、せっかく街中に出てきたのでご飯でも食べていこうと思いました。

奥さんも一緒だったのですが、さわやかに行きたいということだったので、そこに決めました。

このメルマガも静岡県から名古屋の方まで読んでくださっていますので、ローカルネタが分からないかもしれないので、少し説明しますと、

さわやかは静岡県で人気のハンバーグ屋さんのチェーン店です。

そうは言っても僕は、そんなにがっつりハンバーグを食べるというテンションでもありませんでした。

どちらかというと、少し軽めがいいなと思っていました。

ですけど、ちょうど次の仕事の都合で、一番行きやすかったのでさわやかに行くことにしました。

すると、自分でもびっくり。

めっちゃお腹が空いてきまして、ハンバーグをがっつり食べたい気分になりました。

ハンバーグ屋さんなので、ハンバーグの匂いが充満しているんですよね。

この感覚に訴えることで、お店が流行っているんだなという気がしました。

実際、平日の昼間なのにどんどん人が入ってきます。

すごいですね、さわやか。

感覚に訴えるといえば、これは婚活パーティーでも有効な方法になります。

さすがに、匂いでということではありませんが、見た目の印象をコントロールすることができます。

これはファッションがおしゃれということと、微妙に違うんですけど、

パッと見の印象がどうかという感覚的なお話です。

真面目そう、優しそう、怖そうなど、服装や雰囲気を自分が感じてもらいたいようにすれば、

相手はそのように受取ります。

これは、感覚的に感じるものなので、はっきりと相手も認識しているかは分かりませんが、

確実に感じてはいます。

ではどうすればいいのかというと、自分がまず相手にどう感じてもらいたいかということを決めるだけです。

そして、自分が感じて欲しいような雰囲気を持っている人と同じようにすれば間違いありません。

変えるポイントは、髪型、服装、あと意外とメガネで印象をコントロールすることができます。

今日の記事でピンと来た方は、ぜひ色々試してみてください。