がんばらない婚活

2016/11/21/ 11:00

From:吉本和広

「いっぱいがんばる」

長男のハルウミ(小1)の机の上にあるカレンダーでこんな言葉を見つけました。

カレンダーに11月の目標を書きこむ欄があって、そこにハルウミが自分で書き込んだみたいです。

それにしても、

「いっぱいがんばる」って(笑)

僕も奥さんもこれを見て、思わず笑ってしまったんですが、笑ってばかりもいられません。

逆に大丈夫かな、と思ってしまいました。

というのも、ベネッセの通信教材やら学校の宿題やら、ハルウミは自分から勝手に勉強しています。

それで、なかなか思うようにいかなくてイライラしたりしているんですが、

それを見ていると、もうちょっと手を抜いていいのではないかと思ってしまいます。

本人に、もうちょっとゆっくりやったら?とか、全部やれなくてもいいよ、と言っても納得しません。

それでもやりきれなくて、自分に対してイライラしているようです。

それだけなら、まだいいんですが、

どうやら宿題や教材がプレッシャーになっているようです。

僕なんかは、ものすごく適当なので、そこら辺はできる範囲でいいのではないかと思ってしまうのですが、

そうではない人もいるみたいです。

しかも、本人はそれをやりたい、やらないといけないと思い込んでいるので、

周りがいくら、「そんなにがんばらなくてもいいんじゃない?」と言ったところで、何の解決にもなりません。

たとえ、強制的にゆっくりさせたとしても、それはそれで本人にとってはストレスになってしまいます。

そういうときは、見守るしかないのでしょう。

婚活でも、これまでがんばってきた人はたくさんいらっしゃいます。

そんなときはもう少し、がんばらなくてもゆっくりすればいいかもしれません。

気軽さというか、肩の力を抜くというか、かえってそちらの方が上手くいくでしょう。

もしかしたら、この言葉も本人には響かないかもしれません。

ただ、今まで十分がんばってきたんですから、もう少し楽しんでみたほうがいいのではないでしょうか。

僕も自分の子どもに対しては、見守るしかないのと同じように、

婚活でがんばり過ぎている方に対しても、同じような気持ちになります。

僕にできるは、こうやって少しでも気が楽になれるようなメッセージを届けることくらいでしょうか。

もしあなたが、今婚活をがんばり過ぎていて疲れているとしたら、もう少し気楽に婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

その方が上手くいくかもしれませんよ。