運気を上げる方法

2016/10/23/ 11:00

unnki

From:吉本和広

今日は、運気を上げる方法についてお話しようと思います。

と言っても、スピリチュアルな話やおまじない的な話ではありません。

どちらかと言うと、もっと現実的なことになります。

そうは言っても、僕も実際に自分がやってきたことで、確かに役に立ったなということしか言えませんので、

もしかしたら、あまり面白い話ではないかもしれません。

僕は、来年40歳になるのでだいたい40年間振り返ってみると、

結構人生上手くいっていると思います。

それは、結果的に上手くいっているという意味で、何もかも順調だったという意味ではありません。

じゃあ、上手くいったときと上手くいかなかったときは何が違ったのかというと、

目の前のことを一生懸命取り組んだかどうか、が重要でした。

それが最終的に人生を良い方向に向かわせてくれたのです。

面白いのが、目の前のことというのは、たいそうなことではなかったというところ。

ぱっと見、そんな重要そうなことでもないんですけど、それをやっていると、

そこから運が開けていきました。

婚活で言うなら、人とのコミュニケーションに気を使い始めたころから、良くなってきたと思います。

これもそんなたいそうなことをしたわけではありません。

身近な人や出来る範囲で、やっていただけです。

ただ、それまで適当に済ませていたことを一生懸命というより丁寧にしただけ、というのが近い表現でしょうか。

例えば、会社で適当に挨拶するのではなくて、1人1人に笑顔で挨拶するようにしたりだとか、

人の話を最後まで聞くようにしたりだとか。

言ってしまえば、誰にでもできることをやりました。

それに対して、あまり効果がなかったのは、こうすれば人の心が動かせる系のテクニック。

仕事の面での運気で言えば、たいそうな仕事ややりがいのある仕事を追い求めるのをやめたころから、上向きになりました。

それもコミュニケーションのときと同じで、仕事でもたいそうなことはしていません。

ただ、丁寧に仕事をするようにしただけです。

この仕事は、どういう目的でやっているのかとか、

自分のできる範囲で丁寧に仕上げたり、納期を守ったり。

そうしていると、結果的には自分が望んでいた方向の仕事に向かっていったりするんですから、人生は不思議なものです。

もちろん、大きな目標を持って人生を過ごすのは大切だと思いますが、

それと同時に、目の前のことをとにかく自分なりに一生懸命やっていくことも僕の人生にはとても役に立ちました。

これを一言でいうなら、目の前のことに最善を尽くす、と言えると思います。

これは誤解のないようにしたいのですが、限界を超えて頑張りすぎることでもありません。

自分にできることを手を抜かずにやりきることです。

マイベスト、という言いかたのほうが伝わるでしょうか。

もしあなたが今、婚活や仕事について思うように進んでいないと感じる事があれば、

一度このマイベスト試してみてください。

きっと運気が上がりますよ。