なつかしい記事

2016/10/3/ 11:00

mecan-kiji

From:黒田麻希

新しいホームページへの移行がすみ、仕事はとどこおりなく進んでいっております。

ということで、以前のホームページの過去記事などを整理していっているのですが、

ふと内容を見てしまったりすると、思わず読んでしまいます。

わたしが記事をアップしていた先には、数年分の記事が保存されています。

なのでかなり以前のものまで見ることができるんですね。

 

以前のスタッフが書いていたおすすめデートスポットの記事や、

吉本代表(当時)のときめき通信の記事も入っています。

そして去年の夏からは、わたしの書いた記事も登場。

自分の文章を見直すのは恥ずかしいんですが、読んでいくと同じ自分が書いたものなのに、

どことなく今と文章が違っていることに気付きます。

仕事を続けていくうちに、こうすればいいとか、ここは直そうとか、そういうフィルターができてきて、

文章が変化してきているなあっていうことがはじめて分かりました。

これは読み返してみて気付いた収穫です。

2~3か月じゃ分からないようなことも、1年とか1年半とか経って見てみると、

変化しているってことが分かる。

それくらいの長い目で見てみるといいんだなあ~ということを知りました(*´ω`*)

 

そういえばあのころは、静岡の地理もよくわかっていなくて、

なぜか藤枝と掛川の位置関係を逆に覚えてしまっていたり。

藤枝のパーティー報告に掛川のものを書いてしまったりということもありました。

静岡は東西に長いので、西部と中部と東部では、けっこう気質も違うんだということを

教えてもらって感心したこともありましたね~。

今では東部、中部、西部に分類される市町村も分かるようになりましたよ!(ドヤ笑)

 

過去記事は消していっていいと言われているんですが、

内容を読んでしまうと、どことなく愛着がわいて消しにくいですね。

自分の記事だけじゃなくて他の人が書いた記事もです。

どんなふうに構成を考えて、どれくらいの時間をかけて書いたのかがよく分かるようになったので、

その時の光景が浮かんでしまうんでしょうね~。

ちょっぴりセンチな気分になりながら、記事たちをゴミ箱に入れる作業を、

来週中には終えたいと思っている黒田でした(*´ω`)